自分たちにちょうどいい家になりました。

つくば市F様

家づくりをしようと思ったきっかけは何ですか?

アパートに住んでいたので、子どもが小学校に上がる前に建てようとは思っていました。ただ、アパートだとリビングで部屋干しをしなくてはならず、洗濯物に囲まれての暮らしが嫌でした。土地は、たまたま通って見ていたので、ここが良いと思い、担当アドバイザーに紹介してもらいました。

当社を選んだ決め手はなんですか。

他社と迷いましたが、やはりプランの良さと担当アドバイザーですね。 奇抜な家ではなく、シンプルな家を希望していましたので、R+houseなら自分たちのこだわりや雰囲気を実現できると思いました。 建築家の先生ともフィーリングが合い、建築はプロに任せて、デザインやインテリアをこだわりました。

家づくりでこだわったことは何ですか?

カイテキホームの施工事例にある、玄関を入って、収納から洗面の動線を参考にしました。玄関はきれいにしておきたいので広くとり、趣味の靴の手入れもできる場所にもなりました。 物を隠せるように収納は多くし、衣類の管理と寛げる空間を分けてあります。チーク材の経年変化が好きで無垢床もチークにし、家具もチークで合わせました。 建築家の先生が生活スタイルを細かく聞いてくれ、土地を活かした提案をしてくれました。リビングの天井を下げたり、窓の大きさを変えたり、「明と暗」「大と小」のようなメリハリをつけてくれました。広い玄関から狭まった通路を通り開放感あるリビングもメリハリをつける先生の提案です。

家づくりで一番困ったことは何ですか?

外観を和でもない、洋でもないイメージを持っていて、塗り壁の質感を出したいと思っていました。先生の提案である「塗り壁・ガルバ・木」の3種類を使うか、2種類にしようかで悩みましたが、土地の景観を活かし、自然素材を使う、先生の提案を形にしました。 素材選びではキッチンカウンター廻りを塗りにするか迷いましたが、誰も見ないという結論でやめました。仕上がりのイメージがわからないので難しかったです。玄関も和の要素をもう少しプラスして垂木を見せたかったですが、予算を考えると諦める部分も出てきますね。

家づくり中のエピソードは何ですか?

担当のインテリコーディネーターには苦労をかけたと思います。一生懸命、私たちの要望に合わせてくれました。 家づくりにかかわってくれたスタッフさんは皆さん、好印象です。フランクな感じで程よく距離が近く、相談しやすかったです。

入居後の感想をお聞かせください。

サイズ感が広すぎず、狭すぎず、身の丈に合った家になりました。性能面にこだわりはなかったですが、気密測定などの数字は気になりましたね。良い数字が出て良かったです。帰って来ると、家が暖かいので性能の良い家だと思います。空気が均一で自然の暖かさを感じます。冬はエアコン1台でまかなえています。

これから家づくりされる方にアドバイスをお願いします。

後からこうしとけば良かった点もで出てくると思います。建物だけでどうにかしようとしないで、ある程度インテリアや家具を置くイメージをしておくことも大切です。建物は住む人の色を出せるようにシンプルにつくるのが良いと思いました。