デザイン、ルート、ルール。 ちょっとした工夫で、コストを抑える。

設計も優れている、構造も申し分ない、間取りも予想以上。
そんな思い通りの家なら予算がかかってしまうはずです。

それが、ルールを守ればもっとコストが軽減できるのです。

実はコストを上げているのは材料のムダ使いや購入の手間、職人さんの手間賃、長引く工期などです。
R+houseの家づくりはその部分のムダを極力少なくするためのルールを設けて「コストダウンサイクル」としてシステム化することで、クオリティを落とさずにコストを抑えた家づくりを可能にしました。

デザイン、ルート、ルール。 ちょっとした工夫で、コストを抑える。

設計も優れている、構造も申し分ない、間取りも予想以上。
そんな思い通りの家なら予算がかかってしまうはずです。

それが、ルールを守ればもっとコストが軽減できるのです。

実はコストを上げているのは材料のムダ使いや購入の手間、職人さんの手間賃、長引く工期などです。
R+houseの家づくりはその部分のムダを極力少なくするためのルールを設けて「コストダウンサイクル」としてシステム化することで、クオリティを落とさずにコストを抑えた家づくりを可能にしました。

R+houseは「4つのR」を大切にしています。

「4つのR」とは、デザイナーズハウスでありながら、長期優良住宅を上回る性能を確保した高気密高断熱住宅、その上お客様にバリュー価格(お買い得)でご提供する、R+houseのこだわりを表したものです。

アートの“R” 感性豊かな建築家を交えてお客様と住まいづくり。

一般的に建築家のつくる住宅は、建築家が考えるデザインや雰囲気を最優先にするため、どうしてもコストが割高になってしまいます。そこでR+houseは設計段階において住宅会社や大工さんが考えたルールを守りながらデザイン性や住環境や空間利用を得意とする力ある建築家がお客様の「暮らし方」をかっこよくデザインし形にします。

ルールの“R” ちょっとした設計ルールを決めて、ムダな部材や余計な手間、 打合せ回数を減らすことでコストダウンを実現。

標準的な住宅建材を効率よく使うために、例えば壁は、火性・遮音性に優れた普及サイズ(910mm×2420mm)の石膏ボードを使用し材料をムダなく使いきることで、コストダウンをしています。その他凹凸をつくらないことや、1階2階の仕切り壁の位置を合わせるなど、快適に過ごせるための空間工夫をたくさんしています。
また、設計ルールを設けることで現場の職人さんが複雑な工事や急な変更を考えることもなくなり、効率よく仕事ができます。

ルートの“R” メーカー直接インターネット経由の部材流通ルート確保。

Webによるメーカー直発注システムを採用することで間に入る業者(問屋、商社)を無くしその分、価格のコストダウンを実現しました。さらに、選定した建材をメーカーから直接購入することで、住宅の建材費用を大幅にカットすることができました。

性能の“R” 高気密・高断熱「次世代省エネ基準」を上回る温熱環境を実現。

オリジナル高性能断熱パネル〈R+パネル〉(発砲ポリウレタン製)を使用します。グラスウールを大幅に上回る優れた断熱性能と水に強い高い耐久性に加え、寸法に合わせてパネル化していることでコストダウンと施工スピードをアップさせることができます。また、ジャストサイズのはめ込み式施工のため、ムラのない施工が可能です。さらに構造面でもパネル面全体で支えるため、力が分散し強い力に耐えることができます。この構造は2×4と同等の高強度となります。優れた断熱性能に高耐久・高強度、おまけに環境にやさしい素材で作られています。

R+houseは新しい時代のオーダーメイドハウス。

家族のふれあいを豊かなものにするため、くつろぎの時間をはぐくむため世界にひとつだけの家づくりをR+houseが実現します。

ページトップに戻る