施工事例

work

しぜんと家族が集まる家

F様邸(築年数:築32年)

和室をLDKに、家族が集まる平屋空間。使っていない部屋を持て余していたF様。和室3部屋をLDKにしたことで家族が集まる場所へとリノベーション。残した差し鴨居が部屋のアクセントに。背伸びをせず、元の良さを生かした平屋リノベーションとなりました。

詳細情報

所在地
つくば市
間取り
3LDK
築年数
32年
構造
木造軸組 平屋
竣工年月
2018.4.20
建物種別
戸建てリノベーション
家族構成
ファミリー
間取り
写真で見るBeforeAfter

残した欅(けやき)の差し鴨居が空間のアクセントに。

天井はラーチ模様の合板で仕上げた。DIYにも向いている素材。

持て余した和室3部屋をLDKの1空間に。広々とした空間になったことで、しぜんと家族が集まるようになった。

リノベーションで一番こだわったこと、重要視されたのはどこでしょうか

とにかく動線!なるべく最小限に動けるようにしました。今いるこの部屋は以前は和室でしたが、使っておらず、部屋を持て余してましたが、和室3部屋がLDKになり、生活のほとんどはここで済ませられるようになりましたね。それと、今までキッチンと食べる場所が離れていてとても不便でしたが、それも改善しました。キッチンから子どもを見ながら家事が出来るのもいいですね。どこにいるかすぐ把握できますし、部屋全体を見渡せるので安心です。

どういう人にリノベーションを勧めるか

自分たちと同世代の人達に勧めたいです。この辺りは2世帯が多く住んでいる地域で、大抵古い家を壊して新しくするというパターンが多いですが、もともとの家の良さを生かしつつリノベーションをするのもありだなと思います。新築で新しいものもいいなとは思っていましたが、リノベーションにしたことでだいぶ金額も抑えられましたし、快適に過ごせるなら背伸びする必要はないなと思います。

リノベーション後の感想をお聞かせください

住みやすくなりましたね。使いやすく、過ごしやすいです。早く家に帰りたいなと思うようになりました。子どもも、隣の祖母の家に行きたいと言っていたのがなくなり、逆に祖母がこちらに来てくれています。また、全部がフラットになったので、掃除もとてもしやすくなりました。それと、友人が遊びに来てくれた際に、取ることが出来ず、仕方なく残した差し鴨居を褒めてくれたんです!鴨居があっても逆にアクセントになって、いいねって言ってもらえています。リノベーションをして良かったです。

カイテキリノベのモデルハウス
「リノベ館」にぜひお越しください!

カイテキリノベが提案するリノベーションのモデルハウス、
「リノベ館」。
実際の中古住宅をリノベーションした、
つくば市初のリノベーションモデルハウスとなっています。

〒305-0042 茨城県つくば市下広岡500-14(火・水定休日)

モデルハウス詳細を見る