カイテキホームの注文住宅でゼロエネルギーで、暮らそう。
カイテキホームの注文住宅でゼロエネルギーで、暮らそう。

省エネと創エネを組み合わせて
エネルギー消費量をゼロにする家

ZEHとはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、政府が新築住宅における2020年の標準化を目指しているゼロエネルギー住宅を指します。

簡単に説明すると省エネによって消費エネルギーを減らし、太陽光などで創りだしたエネルギーで消費エネルギーを相殺する機能を持った家です。

さらに、2030年には新築住宅の全棟をゼロエネルギー住宅に変えるという目標が政府によって掲げられています。

ゼロエネルギー可イメージゼロエネルギー可イメージ

カイテキホームでは、このZEHを先取りしており、住宅の省エネ性能と太陽光パネルの設置による創エネによって環境にやさしくコストのかからない快適な生活を実現するエコ住宅を標準化しています。

ZEHについて詳しく説明ZEHについて詳しく説明

ZEHとは「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとなることを目指した住宅」と定義しています。

ZEHの要件:
以下①~④の全てに適合した住宅

  • ① 強化外皮基準(例:東京6地域 UA値≦0.6[W/㎡k])
  • ② 基準一次エネルギー消費量を20%以上削減(H25基準より20%以上)
  • ③ 再生可能エネルギー導入(例:太陽光発電)
  • ④ ①~③により基準一次エネルギー消費量から100%削減 ※6地域の場合の基準一次エネルギー消費量のプラン例より
  • 「強化外皮基準」について「強化外皮基準」について

    ZEH要件の要件の中でも特に注目されるのが「強化外皮基準」です。それぞれの地域ごとに外皮性能(断熱性能)基準を設定しているが、全ての地域において省エネ基準より高い水準の性能を要求しています。つまり、省エネ基準よりワンランク上の外皮性能を達成しなければZEHとは言えないのです。

  • 「基準一次エネルギー消費量削減」について「基準一次エネルギー消費量削減」について

    ZEH要件の要件としては、一次エネルギー消費量(その他を除く)が、省エネ基準よりも20%以上削減できることが要件となります。